甘酒の保存方法について

甘酒の保存方法について色々と調べてみました。
米と米こうじから作られた甘酒は、最初から要冷蔵のものと、

直射日光を避け常温保存とだいたい2種類に分かれていますが、
基本的に封を切ったら冷蔵庫で保存し、早めに飲みきる!
というのが鉄則のようです。

麹菌は生きていますから発酵が進むと味が変わっちゃうんですね。
ちなみに開封して次の日は味に変化無し、2日目は若干(あまり気
にならない程度)酸っぱい感じがしました。

美味しく飲むのであればその日に全部飲んでしまうのが一番良いん
ですが、1袋3人前っていうメーカーが多くて飲みきれない事が
しばしばありますね。

そういう時は翌日の朝食でヨーグルトに入れたりして食べたりして
います。この食べ方はお肌にとても良いらしく、実際調子がいいみ
たいで気にいっています。

家庭で手作りの甘酒は冷蔵庫に入れて1週間から10日ぐらいは大
丈夫です。とは言っても、こちらもなるべくなら早めに飲みきるの
がやはり一番です。

冷凍保存も出来るみたいですがこちらは試した事がありません。
栄養成分が壊れてしまわないだろうかとちょっと心配・・・。

冷凍で出している甘酒メーカーさんも実際にあるので、たぶん
大丈夫なのでしょうが、栄養が壊れないような工夫などをなさって
いるかもしれませんので家庭でやるのは躊躇してます(汗)

とにかく甘酒は生きている飲み物ですから、保存方法には気をつけ
付けてなるべく早く飲みきる事が一番です。

先ほども書きましたが残った甘酒はヨーグルトへ投入!お肌に
良いものが一度に摂れます♪しかも美味しいです^^

SW060_L_R.jpg


posted by amazakenokouka at 14:34 | 保存方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国産米100%の安心な甘酒

国産米100%というパッケージの文字に魅かれ購入した甘酒です。
甘酒の原材料であるお米と米こうじどちらも国産で、添加物も一切
使用しておりませんと書かれています。

国産100%ってやっぱりなんだか安心しちゃいますよね^^
製造元は岡山県倉敷市のマルクラ食品という会社のようです。

これまたデパート内のスーパーで発見し即買いしました。
玄米甘酒もあったのですが迷ったあげく白米の方を選びました。

パッケージの裏面「美味しい召し上がり方」を見ると変わった
甘酒の食べ方が書いてありました。

ジャムのようにパンにつけて・・・。これにはちょっとした
衝撃を受けました!

甘酒をジャム代わりにパンにつけるとは思いつきませんでした。
意外と美味しいかも!?早速やってみたいと思います♪
DSCF0203_R.JPG DSCF0206_R.JPG



posted by amazakenokouka at 20:44 | 色んな甘酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひな祭りの白酒って・・・

ひな祭りの歌に出てくる白酒。これって甘酒の事かと思って
いたんですが実は全然違う飲み物みたいです。

もち米を蒸したものにみりんや米麹、焼酎等を混ぜて1カ月ほど
熟成させたあとにすりつぶしたのが白酒。

アルコール度は10%前後もあります。一方、甘酒は米と米麹だ
けを使って発酵させた飲み物なのでアルコール度はゼロ。

言い方が違うだけでてっきり同じ飲み物だと思っていました!
私のように白酒と甘酒を混同している人がいたら注意して下さい。

ひな祭りにうっかり子供に白酒を飲ませてしまったら大変です!
せっかくのひな祭りが楽しくなくなってしまう上に法律違反にも
なってしまうので気をつけて下さいね。

ちなみに白酒は東京の豊島屋本店というメーカーのが有名だそう
です。違いを知ったのですから一度飲んでみたいです^^

甘酒と白酒が同じ物だと思っていたように他にも勘違いしている
事ってたくさんあるのかもしれませんね〜。

正しい知識を持つ事って大事だなぁと改めて感じてしまいます。

CU183_L_R.jpg
posted by amazakenokouka at 21:43 | 成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。