大根と甘酒で簡単べったら漬け

大根と甘酒で簡単にべったら漬けが出来ちゃいます。
用意する材料は大根と甘酒、調味料として塩、昆布、
ゆず、お好みで唐辛子などです。

では早速簡単べったら漬けの作り方をご紹介します。

※べったら漬けを作る前にまず大根を干して縦半分に切り
 1日干しましょう。こうする事で麹に漬けこんだ時に大根
 の辛みが甘くなります。

@大根に塩をふり軽くもみこみます。量は全体の5%ぐらいです。

A大根を漬けもの容器に入れておもしをのせます。

B2時間ほどたったら、余分な水気を切って甘酒の素
 を大根がかぶるぐらい入れます。もちろん麹の甘酒ですよ。
 ツブツブ感のある麹甘酒がいいですね^^

C昆布、ゆず、とうがらし(お好み)を細く刻んで冷蔵庫で
 2〜3日すると美味しいべったら漬けの出来上がり。

漬けこむ日数は2〜3日と書きましたがこれはお好みでいいと
思います。生っぽい大根がお好きな方は翌日に食べてもOKです。

べったら漬けの周りに付いた麹は軽く落とすぐらいにしてなるべく
食べるようにしましょう。

なんてったってこの麹に栄養がたくさん詰まっているんですから。
私はお茶漬けとこのべったら漬けを食べるのが大好き♪

すごく簡単なのでおすすめですよ〜^^

7160164_R.jpg



posted by amazakenokouka at 13:09 | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肥満防止とコレストロールの抑制に

肥満防止とコレストロール値を抑制するのに甘酒の効果が
期待出来るそうです。

これまた月桂冠が行ったマウス実験によって証明されている
事なのでかなり期待出来ます!

人間で実験されている訳ではないですが、大きく言うとおんなじ
生命体!マウスに効果があれば人間にだって効くはずですよね。

実は私も初めて知ったのですが、コレストロールって約80%が
肝臓って作られていて、残りの20%が食べたり飲んだりして摂
取したもの。

つまり、コレストロール値の高い低いって食べ物などの影響よりも
体質的なものが大きいそうです。

そこで甘酒の出番ですよ!甘酒にはコレストロールを体の外へ出し
てくれる効果があるんだそうです。

先ほど書いたマウス実験でこれが確認されています。
同じく肥満防止効果も期待出来るそうです。


甘酒には代謝要素とアミノ酸が多く含まれている事が理由だと考え
られます。知れば知るほど甘酒のパワーってほんと凄いです。

脂っこいものや卵などをたくさん食べた日には甘酒飲むと安心って
感じじゃないですか!?

色んな種類のサプリメントを飲むより甘酒を毎日飲んでた方がいいん
じゃないかって気さえして来ました。

ちなみに健康効果を期待出来る甘酒は麹の甘酒ですよ!
酒粕ではありませんのでお間違えのないように^^

posted by amazakenokouka at 17:48 | 効果・効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健忘症や物忘れに効果を発揮!?

健忘症や物忘れに甘酒が効果を発揮してくれるそうです。
年齢を重ねるにつれ「ほら、あれ誰だっけ?」とか、

スーパーへ必要な物を買いに行ったのに何を買おうとして
いたのか思い出せないなど思い当たるふしありませんか?

私は大ありです(笑)。

物忘れをする度に自分の脳がどんどん衰えていっているのを
感じてショックを受けています。

仕方がないと言えばそれまでなのですが、実は甘酒が健忘症や
もの忘れに効果を発揮してくれるという事を知りました。

月桂冠(酒造メーカー)の研究所がマウスによる実験を行った結果、
甘酒が健忘症の抑制に効果がある事を証明したそうです。

甘酒って体だけでなく頭にも効くんですね〜。薬や医療の発達してい
なかった時代から現在まで飲み続けられているのはやっぱり訳がある
んだなぁと改めて感じました。

健忘症やもの忘れが気になるって方は1日1杯の甘酒をぜひ飲まれて
みてはいかがでしょうか。

ブドウ糖の不足している朝に飲めば、ボーっとした頭もスッキリして
脳がフル回転してくれるそうですよ。

よくテレビなどで90歳を超えているのに、ハキハキと受け答えして
いるお年寄りを見かけますが、あんな人達みたいに元気な老後を送り
たいですね。

posted by amazakenokouka at 16:58 | 効果・効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。